MENU

「黒青森」数ある黒にんにくの中から選んだ理由とは?

黒青森

 

元々、黒にんにくは色々な種類を食べています。
その中でも自分の中で

 

一番効果がある!

 

と、感じ食べ続けているのが「黒青森」です。

 

黒にんにく と聞くと、老舗の岡崎屋さんの「純黒にんにく」が有名ですが、なぜ黒青森を選んだのか?

 

当ページでは「黒青森」の感想・評価と、黒にんにくで有名な岡崎屋の純黒にんにくではなく、黒青森を選んだ理由をお話していきます。

 

>>黒青森の公式サイトへ<<

 

 

黒青森とはどんな黒にんにくなのか?

 

黒青森

 

まず、黒青森についてお話ししていきます。

 

黒青森は、販売開始から7年の歴史をもつ黒にんにくです。
素材となる生にんにくは青森県産の最高級品質とされる「福地ホワイト六片種」を使用しています。

 

福地ホワイト

 

黒にんにくの元祖ともされる岡崎屋さんの黒にんにくと同じですね。

 

他の黒にんにくと比べて大きく違うのが「海洋深層水」で漬け込まれていること。

 

もともと、熟成させた黒にんにくの段階でミネラルが多くなっていますが、海洋深層水で漬け込むことでミネラル分がアップしているようです。
また、食べた時の触感が瑞々しいのも大きな特徴ですね。

 

 

黒にんにくエキスによってガンの減少、撲滅効果があると学会に発表された元弘前大学教授の佐々木甚一先生や、ソプラノ歌手の服部久恵さんも愛用されています。

 

佐々木甚一

 

服部久恵

 

特に佐々木甚一先生は、黒にんにくのガンへの効果を実証した第一人者
健康のために黒にんにくを探している方にとっては大きな参考材料になるのではないでしょうか。

 

>>黒青森の公式サイト

 

 

 

 

黒青森を実際に食べた感想

 

管理人は3年前にPSAの数値が8ng/mLを超えたことがあります。
結局、病院にはかからず食事療法で対応し、その後PSA数値も落ち着きました。

 

その時から食べている食品の一つが「黒にんにく」です。

 

そこで、実際に「黒青森」が届いた様子と、匂いや味、効果について感じたことをお話ししていきます。

 

 

 

黒青森が届きました

 

黒青森は通信販売限定で売っているようです。
もしかしたらどこかのスーパーなどで売ってるのかも知れませんが、少なくとも私は見たことがありません。
(青森だったら店頭で手に入るのかも?)

 

通信販売限定のキャンペーンなどもやっているので、探す手間をかけるなら通販で買うのがいいと思います。

 

 

注文して4日ほどで黒青森が届きました。
袋の状態はこんな感じです。

 

黒青森

 

海洋深層水で漬けたということもあり、密封されていて、黒にんにくの質が維持されているのが分かります。

 

個人的に「楽だな〜」と、思うのが、一粒一粒すでに身が分けられていること。
薄皮をむいて食べるだけなので手軽に食べられます。

 

 

 

袋を開けた時の匂いは?

 

袋を開けた時には、中に詰まっていた匂いがふわっと薫ります。
黒にんにくの匂いって、説明しづらいですが炭火で焼いたみたいな何とも言えない匂いがするんですよね。

 

好き嫌いはあると思いますが、私は嫌いではありません。
匂いはそれほど強くないので、袋を閉じてしまえば匂いません。

 

 

 

 

黒青森を食べた感想

 

黒にんにくの味は、よく「プルーン」と表現されますが、それよりも酸味は少ないと思います。
ちょっと味を表現するのが難しいですが、ほんのり甘酸っぱいといったところでしょうか。

 

実は私は酸っぱい食べ物が苦手で、梅干しどころかキウイも苦手です。

 

それでも「がん予防のため、毎日元気で過ごすため」ということで食べてると、不思議なもので慣れるんですね。

 

1週間も食べ続けてると慣れました。
それでも、いまだに梅干しは食べられません。

 

今では黒青森の甘酸っぱさで目を覚まして1日の活力をもらってます。

 

 

 

食べたあとに匂うのか?

 

にんにくなどだと、食べた後の方が匂いが強烈になることがありますよね。

 

黒青森はどうか?というと、気になる匂いはほとんどないです。

 

妻からも「近くで意識して匂えば何となくわかる」程度だと言われてます。

 

他の黒にんにくと比べて、黒青森は海洋深層水に浸けてある分、水分が多いです。
そのため他の黒にんにくと比べても匂いにくいのかも知れませんね。

 

 

 

黒青森の効果は?

 

黒にんにくを食べる上で、気になるのはなんといっても「効果」ですよね。

 

黒にんにくの成分は、黒青森だけでなく、特徴として「Sアリルシステイン」が豊富に含まれていることで有名です。

 

このSアリルシステインには抗がん作用があることが実験で分かっています。

 

 

黒青森を推奨している佐々木元教授が行ったマウス実験の結果です。
この発表は日本だけでなく世界中で話題になりました。

 

PSAの数値と、がん細胞は大きな関連性があります。
そのため佐々木甚一先生が推奨しているというのはとても安心できますね。

 

 

黒にんにくのお陰なのかは分かりませんが、当時PSA8を越えていた私も、今では1から2くらいを維持しています。

 

 

そしてなんと言っても「疲れにくい」というのを実感しています。

 

今まで有名なもの、原産地も分からないものなど、色々な黒にんにくを食べて来ました。

 

その中でも一番効果があった、と感じているのが黒青森です。

 

今でも定期コースで毎日欠かさず食べ続けています。

 

 

 

黒青森の保管方法

 

黒にんにくって、メーカーによっては結構保管に場所を取るんですよね。

 

例えば岡崎屋さんの黒にんにくだと、にんにくそのものの形がゴロっと箱に詰められています。

 

純黒にんにく

 

常温保管できるので、そのまま棚の中とかに置いていたのですが、それほど大きくはないもののやはりスペースを取ります。

 

その点、黒青森は一粒ごとに分かれた形で薄めの袋にパッケージされています。

 

黒青森 袋

 

 

こちらも常温保存できますが、冷蔵庫などで保管してもいいんです。

 

朝、起きたら冷蔵庫から黒青森を出して薄皮向いてパクッと食べるのが健康の秘訣です。

 

 

もし、あなたがガン予防を初めとした健康のために

 

「黒にんにくを試してみたい」
「でも、どの黒にんにくがいいか分からない」

 

ということであれば、黒青森を試してみてはいかがでしょうか。
きっと、1ヶ月後には「なんか変わった」と感じますよ。

 

 

>>黒青森公式通販サイト<<

※こちらから申し込むと割引価格で買えるのでお得ですよ